top of page

地球上で最も共演したい方

畠山みのりさん

この方の声で踊ってみたい。

彼女を彼女の生活を知ってからずっと憧れていました。


今回、『伊那谷化けるんです』で、みちかさんが叶えてくれました。

みのりさんの声、唄、私たちが地球に生きている動植物の一員なんだよ、一緒なんだよって、聞こえてしょうがない。

遠く遠くの記憶。

カラダに響くとかそんかレベルじゃなく、ジリジリ交わり変容を促すレベル。


みのりさんは2児の母。

母どうし、どこまで広がれるのだろう。


また私、おおきく変化すると思う。



舞台美術はみのりさんの旦那様が手掛けてぐださるそう、その空間も楽しみでしかたなし。




ワークショップもさせて頂きます。

「脱力軸」

もう四半世紀、骨だ骨だと言い続けてきて、空間軸だとか体内軸だとか、ややこしく哲学的なことも。

ここにきて、大げさではなく全く新しいカラダの世界がひろがっています。

それは、母国語が変わるぐらいのレベル。

カラダはすごいの。

もっと隅々使って、愛して。

そんな話をします。

さらに、古代縄文人に想いを馳せます。



私を呼んでくれてありがとう。




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page