top of page

ささげる

「何かを放つことが仕事」

そうおもっていたのですが

「同調することが仕事」だったんだって

そうわかりました。


物質的ではなく広がりつづける



「おどる」

自然の中にカラダをおき

ワタシの体内の細胞

何だかよくわからない

ワタシの何かがしたいように

その「したいように」を消さないように

カラダの中を聞きながら感じながら



トンビはいいタイミングで鳴いてくれて

風や波はいいタイミングでワタシの向きを変えてくれる

草はフカフカにしてワタシのあしを押しかえしてくれる



めめさんたちは、

草が生えているように座り、

ワタシの現象を

世界の一部として眺めてくれました

「何も起こっていない」

そんな感覚だったかもしれない



ワタシはささげられたかな?

次は海でおどります。


ありがとうございました。





最新記事

すべて表示

五感+α

Comments


bottom of page