臆する事なく味わって楽しむ

Takumaさんが撮影して下さった作品の中の私はとってもとってもとーっても楽しそう。

踊っている時の記憶がほぼないですが、楽しかったのは間違いない!特にオリエンタルの時は表現したいところがそこ周辺なので、ずっと楽しい。だからこそ物足りなくていつもの踊りへとシフトしていく訳なんですけどね。出したい気持ちの振れ幅がとてつもなく大きいの。

さて、次は6月!

これからも臆する事なく、遠慮ゼロで私がやりたいように踊りたい音楽で踊ります!

最後になりましたが、

Takumaさん、渾身の作品をいつもありがとうございます!






閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示